GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

全米女子オープン
期間:07/13~07/16  場所: トランプナショナルGCベドミンスター(ニュージャージー州)

「このストレスから解放される」宮里藍、最後の全米女子オープンは41位

2017/07/17 09:18

宮里藍を支える両親とトレーナー、メーカー担当者、マネージャーと記念写真

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(16日)◇トランプナショナルGCベドミンスター(ニュージャージー州)◇6687yd(パー72)

宮里藍にとって最後の「全米女子オープン」が幕を閉じた。最終日もグリーン上で苦戦した。最終18番は今週を象徴するかのような3パットのボギーで、この日2つスコアを落として通算4オーバーの41位。それでも、戦い終えた顔は充実した輝きに満ちていた。

「うーん、っていう感じですね。パッティングですね」と、ショットは好調だっただけに、チャンスを決めきれない場面がもどかしかった。「今週はすごく特徴のあるグリーンだったので、あまり考え過ぎなくても良いかなと。今週のグリーンだけ入らなかったという感じはあります」と振り返った。

子どものころから優勝することを夢見てきた今大会。だが、自身最後のストロークとなったボギーパットを沈めて思ったことは、「このグリーンのストレスから解放される。それくらいフラストレーションのたまる4日間だった」と笑顔を見せた。

この一週間はパットで苦労した宮里藍

最後となる感傷よりも、やりきった充実感が勝る。「いろいろ思っていたところがあったけど、試合をしてみると(そういう感傷は)全然なくて。ある程度やりきったんだなっていう感じがある」。まだ、メジャー大会も2試合残っている。「どこまで楽しめるのかっていうところに気持ちがある」と、残り少なくなった先を見据えた。

「成績は思うような感じではなかったけど、やっぱり魅力のある試合だし、ツアーも年々レベルが上がっている中で、最後の年に4日間戦えたのは良かったと思う。グリーンに苦戦したけど、要所で良いプレーはあったと思う」と総括した。(ニュージャージー州ベドミンスター/今岡涼太)


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには佐藤耀穗プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?