GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

ISPSハンダ オーストラリア女子オープン
期間:02/16~02/19  場所: ザ・ロイヤルアデレードGC(オーストラリア)

【速報】畑岡奈紗は「68」で終了 81位から急浮上

2日目に「68」をマーク!5つ伸ばして急浮上した畑岡奈紗 ※撮影は2017年「ピュアシルク バハマ LPGAクラシック」

◇米国女子◇ISPSハンダ オーストラリア女子オープン 2日目(17日)◇ザ・ロイヤルアデレードGC(オーストラリア)◇6681yd(パー73)

1オーバーの81位タイからスタートした畑岡奈紗が、1イーグル、5バーディ、2ボギーの「68」でホールアウト。初日の出遅れを取り戻すチャージをかけ、終了時点で通算4アンダーの20位前後に浮上した。

畑岡は、序盤の11番でバーディを先行。17番(パー5)でイーグル、さらに18番もバーディとし、前半だけで4つ伸ばして折り返す。直後の1番をボギーとしたが、3番、4番の連続バーディで再浮上を遂げた。

首位を走るのは、2ホールを終えた時点で通算9アンダーとしているキャサリン・カーク。1打差の2位タイに、いずれもホールアウトしたリゼット・サラスポルナノン・ファトラム(タイ)が続く。

99位から出たディフェンディングチャンピオンの野村敏京は、6バーディ、2ボギーの「69」と伸ばし、通算2アンダーの40位前後に浮上してホールアウト。横峯さくらは4ホールを終えた時点で通算イーブンパー、松森彩夏は通算1オーバー、上原彩子は通算2オーバーでホールアウトした。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?