GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

ISPSハンダ オーストラリア女子オープン
期間:02/19~02/22  場所: ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

宮里藍はコー、野村はブラインドゴルファーらとラウンド

宮里藍は大会前日のプロアマ戦で、世界ランク1位のリディア・コーと一緒にラウンドした

米国女子ツアー「ISPSハンダ オーストラリアン女子オープン」の開幕を翌日に控えた17日(水)、会場のオーストラリア・ロイヤルメルボルンGCではプロアマ戦が行われた。

宮里藍は、世界ランキング1位の17歳リディア・コー(ニュージーランド)と同組になり、大会主催者らと一緒にラウンドした。

宮里は「リディアとのラウンドは楽しかった。それぞれ、やることがあったのであんまり客観的には見られなかったけど」と振り返った。その上で、グリーンが硬く“リンクス”と評されるコースを「昨日まで(コースは)硬くなかったけど、今日から硬くなった。私としては、手前から転がしていけるからやりやすい」と分析していた。

また、今大会が今季初戦となる野村敏京は両足義足のゴルファーや、目の不自由なブラインドゴルファーとのラウンドを体験した。ブラインドゴルファーは介添え者とともに球のところに行き、クラブを構えるところまでサポートを受ける。そこからしっかりと球をヒットし、見事なショットを披露していた。

プロアマ戦では視覚障害のあるブラインドゴ プロアマ戦では視覚障害のあるブラインドゴルファーらもプレーした

「自分が一緒に回ることを知って、びっくりした」という野村。ホールアウト後の感想は聞けなかったが、かつてブラインドゴルファーとラウンドしたことがあるプロは、パッティング時のイメージがとても参考になったということだ。

初日、宮里はヤニ・ツェン(台湾)、ジェリーナ・ピラーと同組で午前8時、野村は午前8時20分にそれぞれイン10番からスタートする。(オーストラリア・メルボルン/今岡涼太)


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?