GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

アヴネットLPGAクラシック
期間:04/28~05/01  場所: RTJゴルフトレイル(アラバマ州)

米ツアー1年目の野村、初の予選突破も「悔しい」

2011/04/30 11:14

米ツアー1年目の野村敏京が初の予選突破!キャディは母方のおじが務める (Scott Halleran /Getty Images)

宮里藍宮里美香がともに予選落ちに終わった、今週の米国女子ツアー「アヴネットLPGAクラシック」。その中にあり、予選会を突破して出場権を得たツアー1年目の野村敏京(18)が、通算イーブンパーの29位タイでホールアウト。ツアー出場2戦目にして、自身初の予選突破を果たした。

野村は、当時アマチュアで出場した昨年末の米ツアーファイナルQTで40位に入り、その後アメリカでプロ転向。ルーキーとして迎えた2011年シーズン、ツアーへの出場資格は無いものの、先月出場した下部ツアー「デイトナビーチインビテーショナル」を制すなど早くも台頭を見せている。

韓国人の母と日本人の父を持ち、両国どちらかの国籍を取得する権利を持っていた野村は先日、日本国籍を選択。今シーズンは“ハル・ノムラ”という登録名でプレーを続けている。今週キャディを務めるのは、以前まで野村のコーチをしていたという母方のおじ。タッグを組んだ当初はケンカをして大変だったと話すが、今では息も合っているようだ。

初の予選突破を果たした野村だが、浮かれる気持ちは微塵もない。この日の36パットを反省し、「悔しいほうが強い。私の試合に出る目標は優勝だから」。この負けん気の強さが、ルーキーイヤーで早くも結果を出し始めている要因か。豪快なスイングから生み出す、海外勢にも負けない飛距離も魅力。首位に7打差で迎える決勝ラウンド、野村の目には首位の背中しか見えていない。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?