GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/31~04/03  場所: ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

藍は36位に後退「どこか1つでも入っていれば・・・」

2011/04/02 12:46

「1つでも入っていれば・・・」入りそうで 「1つでも入っていれば・・・」入りそうで入らないパットを嘆いていた宮里藍

「クラフトナビスコチャンピオンシップ」2日目を、1アンダー18位タイで迎えた宮里藍。午後スタートだった初日は、刻々と硬さを増すグリーンに対応できず、ショットやアプローチでグリーンをオーバーする場面が目立った。この日は午前スタートとあり「グリーンは昨日よりも軟らかかった」と振り返るものの、今度はパットに苦しむ1日となる。

「ラインは合っているが、距離感が合わなかった」。スタートホールの1番では、1.5メートルのパーパットを外してボギー。2番でバーディを取り返すが、その後も5番、6番、7番とバーディチャンスを決めきれず、8番では3パットのボギー。以降17番まで2バーディ、3ボギーと耐え忍んだが、最終18番パー5では再び3パットで痛恨のダブルボギー。30パットが響いて3ストローク落とし、通算2オーバーの36位タイに後退した。

「どこか1つでもパットが入れば、流れは変わったと思う。欲を言えば、もっと伸ばしておきたかったですね」。比較的スコアを伸ばしやすい午前スタートだっただけに、悔しさを滲ませていた。首位とは11打差と大きく離されたが、まだまだ上位進出への意欲は失せていない。「上を見るよりも、自分がどのようなプレーができるか。こういう時こそ自分のゴルフをしなくてはいけない。まだ2日あるし、自分のゴルフができれば上位に食い込めると思う」。決勝ラウンドでの巻き返しに期待したいところだ。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?