GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

キア・クラシック
期間:03/24~03/27  場所: パシフィックパームリゾート(カリフォルニア州)

「パッティングが好調!」宮里美香が4位タイの好スタート

2011/03/25 16:47

キャップの後方に喪章、左サイドにバッジを キャップの後方に喪章、左サイドにバッジをつけて戦う宮里美香(Scott Halleran/Getty Images)

「ショットも凄く良かったし、やはり一番はパッティングのフィーリングが凄くよかった」。米国女子ツアー第4戦「キア・クラシック」に出場中の宮里美香が、日本人出場選手最上位の通算3アンダー、4位タイで好スタートを切った。

スタートの1番で2打目をピン上3メートルに寄せてバーディ発進。「1番からバーディスタートできたし、それが凄く大きかったのかな。(グリーンが速く)今日はソフトタッチがいいのかなと思ってそのイメージで打ったら凄くフィーリングが合いました」。もったいないボギーもあったと反省する一方で、8番パー3では10メートルのバーディパットを決めるなど、パッティングが初日の6バーディに繋がったと振り返った。

後半の14番では「自分では完璧だった」と放った2打目は、ファーストバウンドが大きく難しいアプローチを残す結果に。しかしその3打目を1.2メートルにつけてパーセーブ。「14番のパーセーブは、自分にとっては凄くよかった。ショートゲームがいい感じなので明日に繋げたい」と意気込む。

大会主催者側が用意したという、キャップにつけた黒い喪章と、「まけるな日本」のバッジを着用し、残り3日間、プロゴルファーとしての使命感をもって戦う。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?