GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

HSBC女子チャンピオンズ
期間:02/24~02/27  場所: タナ・メラCC(シンガポール)

宮里藍は8位タイに浮上!うれしい“受賞”も

2011/02/26 20:31

宮里藍はキャディのミックとともに戦う! 宮里藍はキャディのミックとともに戦う!

米国女子ツアー第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」は26日(土)、第3ラウンドが行われた。イーブンパーの12位タイでスタートした宮里藍は、3バーディ、1ボギーの「70」でホールアウト。通算2アンダーとして8位タイで最終日を迎える。

最終18番で5メートルのバーディパットを沈めた宮里藍は、ガッツポーズでこの日を締めくくった。首位の有村とは9打差となり大会連覇は難しくなったが「たくさんバーディチャンスもあったし、パッティングも良くなっている。カップの際を抜けていく(外れていく)のが多かった。ショット、パットともにフィーリングが良かった」と調子が上向きであることに充実感を漂わせた。

また、前日25日の夜には大会側が主催する「キャディ・パーティ」でバッグを担ぐミック・シーボーン氏が昨年度の年間最優秀キャディに選出された。選手、関係者の投票によって選ばれる賞で、他選手のキャディは赤いビブをつけてコースを歩くが、この第3ラウンドでシーボーン氏は特別な白いビブを着た。

長きにわたってコンビを組む相棒の受賞に「私もうれしかった。私たちはいいチームになっていると思う。性格がすごく似てるんですよね。ガンコだし」と笑う宮里。「注文にすごく応えてくれる。人としても尊敬できるし、キャディとしても力があると思う」と、自分のことのように喜んだ。

シーボーン氏は「アイの素晴らしい一年(2010年)を締めくくってくれた。光栄な賞です。僕がもらったんじゃない。彼女の成績がもらった賞だよ」と、やはり黒子役に徹していた。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?