GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

HSBC女子チャンピオンズ
期間:02/24~02/27  場所: タナ・メラCC(シンガポール)

桃子&美香は雷雨でプロアマ戦が途中で中止に

グリーン上のチェックに余念がなかった上田 グリーン上のチェックに余念がなかった上田桃子だったが…

24日(木)に開幕する米国女子ツアー第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」。会場のシンガポールのタナ・メラCCでは大会前日の23日にプロアマ戦が行われた。

この日は午前組と午後組に分かれてショットガン方式でスタート。午前組に入った宮里藍有村智恵は順調にホールアウトしたが、午後1時から出た上田桃子宮里美香は開始から約3時間たったところで、雷と雨に見舞われ中断。天候はそのまま回復せずに、残念ながらそのまま終了となった。

6ホールを残したという上田は「プロアマ戦をあてにしていたので、回っていないホールもあります」と苦笑い。それでも「あまり期待しないで頑張ります。4日間あるので徐々にペースをつかんでいけたら」と無欲で戦う姿勢だ。

キャディと真剣なまなざしでコースを見つめる宮里美香

前週の開幕戦「ホンダLPGAタイランド」で日本人最高位の13位タイに入った宮里美香は21日の月曜日にタイからシンガポール入り。その夜には宮里藍と食事をともにし「ラーメンを食べました」。例年に比べて涼しいことと、タイに比べて日本人の口に合いやすい食事も多いシンガポールの生活が、女子プロには快適のようだ。

「今週はあまり結果を求めず楽しむことをまず考えて頑張りたい。私の今年の目標は内容にこだわること」と美香。開幕前日の想定外の事態も平常心で乗り越えたい。

記事提供元: ゴルフダイジェスト・オンライン


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?