GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

HSBC女子チャンピオンズ
期間:02/24~02/27  場所: タナ・メラCC(シンガポール)

有村智恵が今季初戦「オフの成果を試したい」

2011年シーズンのスタートを心待ちにす 2011年シーズンのスタートを心待ちにする有村智恵はドライビングレンジで調整

2月24日(木)から4日間、シンガポールのタナ・メラCCで米国女子ツアーの第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」が開催。日本勢では宮里藍上田桃子宮里美香が前週の「ホンダLPGAタイランド」に続いて出場。さらに有村智恵が2011年の初戦を迎える。

20日にシンガポール入りした有村は21日に18ホールを練習ラウンド。22日は強風の吹くコースを9ホールまわり、その後は練習場で調整した。

昨季は1勝にとどまり、このオフは体力強化を狙って1月に恒例の宮古島合宿を敢行。さらに2月上旬から米国フロリダ州オーランドにあるレッドベター・ゴルフアカデミーで3週間トレーニングを積んだ。スイングでは体重移動を改善し、グリップも試行錯誤を続けている。それだけに「このオフはいろいろと取り組んで、修正してきたところはたくさんある。それを試合にどう出していくのか試したい」と実戦が待ち遠しい。

昨年までの海外メジャーへの出場や、このオフの多忙な時間は有村をたくましくさせた。「移動も大変だと思わなくなった。ここまで来る5、6時間(のフライト)もすぐでした。時差ボケも少しあるけど楽しみのほうが大きい。アメリカの試合に慣れてきて2、3年目から本当の実力が出ると思う。慣れてきた中でどうプレーできるのか試してみたい」と充実感たっぷり。好スタートに期待がかかる。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?