GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

<今年、初マスターズを踏む藤田寛之を支えるエースキャディの決意とは?!>

2011/02/21 10:26

次回パスポートを忘れたらコンビ解消の危機 次回パスポートを忘れたらコンビ解消の危機!?藤田寛之プロとキャディーの梅原敦さん(左)

アラフォーの星・藤田寛之の活躍を支えるのは専属キャディの梅原敦さん、通称“うめちゃん”。とっても明るく、礼儀正しく、思いやりがあって、そしてちょっぴり天然。昨年の海外遠征で、やっちゃった。

9月に韓国と日本が激突した「現代キャピタル招待 韓日プロゴルフ対抗戦」。静岡県は自宅のある掛川市から、一旦車でご近所の藤田の家に迎えに行ったのだが、その日は土砂降りの雨。なるべく濡れないようにと気遣いながら、梅原さんは慌ててスーツケースやキャディバッグを積み込み、藤田の愛車に乗り換えて、名古屋は中部国際空港の「セントレア」へ。さあ、いざ出国!! …というときになって気がついた。

「パスポートがないっっっ!!」。

梅原さんはその瞬間、すぐに思い至った。「自分の車に置き忘れてきてしまった……」。当然のことながら、取りに戻っても出発時間に間に合うはずもなく、しかも韓国・済州島への飛行機は1日1便。ショックでただただ青ざめるしかない梅原さんに、藤田は表情ひとつ変えずに言ったのだ。

「しょうがない、明日来いよ」。

梅原さんが、藤田の凄さを思い知るのはこんなときだ。「普通なら“オマエなにやってんだよ”とか“どうすんだよ”とか、少なからず動揺して、僕を責めてもおかしくない場面。でも、試合のときもいつもそうなんですけど藤田さんて、ピンチや事件のときほど冷静になるんです。僕を責めることもないし、淡々と表情もまったく変わらない。あの精神力は、本当にスゴイなといつも感心させられます」。この証言は先週、当コーナーでもご紹介させていただいた藤田の師匠の芹澤信雄の言葉とも重なる。

さて、1日遅れで代表団に合流した梅原さんは、周囲から散々からかわれたものだが、練習ラウンド初日は自らバッグを担ぐ“セルフプレー”を強いられたにもかかわらず、藤田自身はそれについて、一言も愚痴や文句をこぼすことはなかったという。

「その夜は1通だけメールを送って来られたんですが、“日本で○○社のシャンプーを買って来てよ”と」。幾度かコンビ解消の危機を迎えながら、それでも11年来の絆が途切れたことがないのは梅原さんが、そんな藤田の人柄に心酔しているからにほかならない。

2010年のMVP賞に輝いた藤田が41歳にして、初切符を手にした今年4月のマスターズトーナメントは、梅原さんにとっても初めての挑戦となる。それに際して梅原さんが、いまから固く心に決めていることがある。「今度は絶対にパスポートを忘れません。2度の失敗は、人として許されないのは当然ですが、ましてそれがマスターズでは、洒落になりませんから」。今度こそ会場入り初日からぬかりなく、2人揃って初舞台を踏む。

記事提供元: JGTO


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?