GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

比嘉真美子&川岸史果 最終日の猛チャージで4位フィニッシュ

2017/09/10 19:04

ノーボギーのラウンドで4位フィニッシュした比嘉真美子

◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日(10日)◇安比高原GC(岩手県)◇6640yd(パー71)

メジャー最終日の猛チャージに笑顔を見せたのは、この日の最少スコア「67」で回った比嘉真美子川岸史果の2人。いずれも17位から4位に大きく順位を上げ、通算1アンダーで大会を終えた。

比嘉はただひとり、ノーボギーでラウンドした。「アイアンショットが良かったので、ピンチが少なかった」。約4mのパーパットを残した最終18番(パー5)も、しっかり沈めてパーセーブした。

初日から3日目までボギーを喫した9番をタップインパーとし、「後半の流れを作れた」とこの日のキーホールに挙げた。「メジャーで上に行くにはパーを積み重ねることが大事。いかにタップインパーを積み重ねられるか」とチャンスを逸しても、しぶとくパーを拾い続けた。

「戦略性も高い久しぶりのメジャーで、4日間通して自分のリズムを崩さずプレーできた。今年の(メジャー第1戦)『ワールドレディス サロンパス杯』よりは自分の成長を感じることもできたので自信につながった」と話した。

最終日に「67」をマークし4位。メジャーの収穫は多かった

一方、予選ラウンドを終えて優勝戦線に名を連ねた川岸だったが、3日目を「75」として後退した。傾斜の強いグリーンでパッティングに苦しんだが、巻き返しを誓った宣言通り「修正できた。3パットもなかった」と、5バーディ、1ボギーの会心のラウンドで締めくくった。

「楽に攻めることができた」と、この日は1Wが安定。「16番ではバックスピンがかかってピン3mからカラーまで戻ってしまった」と、100yd以内のショットの精度を今後の課題とした。「3日間でダブルボギーがなければ、優勝争いにからめていたと思うと残念だが、最終日にまくるのも大事」と収穫も多かった。3週後に控える「日本女子オープン」で悔しさを晴らしたい。(岩手県八幡平市/糸井順子)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには藤田美里選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。