GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

藤田さいきは6季ぶりV逃す 勝負どころで2mミス「悔しい」

2017/05/28 17:34

最終18番で2mのパーパットを外した藤田さいき。POで6季ぶりの復活Vを逃した

◇国内女子◇リゾートトラストレディス 最終日(28日)◇オークモントGC (奈良)◇6538yd(パー72)

プレーオフで敗れ、6季ぶりの優勝を逃した31歳の藤田さいきは「ここまで行けると思わなかった」と、気丈に語った。

3打差9位からバーディを重ねてバックナインで優勝争いをリード。1打差の単独首位で迎えた最終18番で2mのパーパットを外し、後続につかまった。勝負どころで決め切れず、「ラインを読み違えたのか。これだけは悔しい。簡単には優勝させてくれませんね」と天を仰いだ。

プレーオフ1ホール目でバーディを奪ったカン・スーヨン(韓国)に敗れたが、充実感も漂った。2014年「ニトリレディス」以来、3季ぶりのトップ3入り。「ベスト10に入れたら、くらいに思っていたら(優勝争い)。体の状態も良い」と今後の活躍を誓った。

同学年で26日に今季限りの引退を表明した宮里藍に、メールを送った。詳細は明かさなかったが、「けっこう(分量が)長くなっちゃって。返信も同じくくらいの長さで来た。同世代でも憧れの的だった。みんなが目指して、引っ張ってくれたからプロになる人も多かった。本当にお疲れさまです」とねぎらった。(奈良県山添村/林洋平)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには藤田美里選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。