GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ステップアップツアーの最新ゴルフニュースをお届け

野澤真央がプロ初優勝 上がり4連続バーディで逆転/ステップ最終日

プロ初Vを飾った野澤真央(写真は2016年ルートインカップ上田丸子グランヴィリオレディース2日目※日本女子プロゴルフ協会提供)

◇国内女子下部◇パナソニックオープンレディース 最終日(21日)◇千葉CC野田コース(千葉県)◇6512yd(パー72)

3位タイからスタートした野澤真央が、後半15番から4連続バーディで締めくくる7バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「68」をマーク。2位を1打差でかわす鮮やかな逆転劇でプロ初優勝を飾った。

野澤は2015年8月のプロテストに合格した20歳。当時アマチュアで出場した同年5月「サイバーエージェント レディス」では、2位発進(最終順位は54位)を決めるなど高い潜在能力を示していた。今季のQTランクは62位で下部ツアーを主戦場にしている。

通算6アンダーの2位に、この日ベストの「65」をマークした小野祐夢。通算5アンダーの3位に鈴木麻綾。昨年の「日本女子アマ」覇者で18歳アマの高橋彩華は、通算2アンダーの5位で大会を終えた。