GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

気になる腰の状態は?香妻琴乃が地元鹿児島で6位浮上

2017/03/18 18:45

香妻琴乃が地元大会で6位に浮上。長く抱えてきた腰痛も回復傾向にあるようだ

◇国内女子◇Tポイントレディス 2日目(18日)◇鹿児島高牧CC(鹿児島)◇6397yd(パー72)

15位からスタートした鹿児島県出身の香妻琴乃が4バーディ、1ボギーの「69」をマーク。通算5アンダー6位タイに浮上し、首位と5打差で最終日を迎える。

2014年には2位を2回記録。初優勝に迫ったが、同年10月に腰痛を発症してから低迷が続く。昨シーズンは賞金ランク52位に終わり、2年連続で保持していたシード権を逃して涙を流した。

「休んで、無理をしない」と、オフは腰痛の回復を最優先した。そのビジュアルから例年は多忙を極める12月の仕事量も減らし、これまで1、2月に集中していたトレーニングの日程を分散させた。さらに、休養と練習のメリハリをつける意識を強めたことで症状は改善。いまも2時間の入念なケアは続けるが、「もう大丈夫です。今年は心配ありません」と不安なく新シーズンを戦っている。

「腰を気にして振り切れていなかった」というスイングも、痛みが軽減したことで、2年前の好調時のスイングに戻せた。「去年は全然飛んでなかったけど、飛距離も戻った」と話す表情は明るい。

優勝争いが過熱する終盤組で迎える最終日。「ベストを尽くしてバーディをたくさん獲り、みんなを喜ばせたい」。地元ギャラリーの期待と後押しに、バーディラッシュで応えてみせる。(鹿児島県姶良市/塚田達也)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには佐藤耀穗プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。