GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

「今週はやってやる」笠りつ子が日本勢の連敗阻止を誓う

今週は意地を見せる!笠りつ子が連敗阻止を誓った

◇国内女子◇Tポイントレディス 事前情報(16日)◇鹿児島高牧CC(鹿児島)◇6397yd(パー72)

昨季賞金ランクで日本勢最高位の3位とした笠りつ子が、日本勢の連敗阻止を誓った。前週「ヨコハマタイヤPRGRレディス」を全美貞(韓国)が制したことで、昨秋から続く日本勢の連敗は過去ワーストの「8」を記録。最後の勝利は、松森彩夏が初優勝した昨年10月の「富士通レディース」までさかのぼらなければならない。

笠は昨年大会で、シーズン唯一の予選落ち(66位タイ)を喫したが、「自分のゴルフができれば、今年は大丈夫」と気持ちは前を向いている。前週は5位タイに入り、ゴルフの状態も悪くはない。「私も、ほかの選手も、今週はやってやるんだと思っている。日本人として、頑張って盛り上げないといけないと思います」と表情を引き締めた。

昨年大会も、海外勢の6連勝中で迎えた。イ・ボミ(韓国)らを1打差で振り切り日本勢7連敗を止めたのが、大江香織だ。その勝利について「たまたまです」と振り返ったが、今年も状況を打開したい思いは、やはり同じ。「日本のツアーなので、日本のかたが勝った方が盛り上がると思う」と言葉にした。

ちなみに、2012年に日本勢の8連敗を阻止したのは6月「アース・モンダミンカップ」を制した服部真夕。最終18番(パー5)で7mのイーグルパットをねじ込む劇的な逆転優勝だった。(鹿児島県姶良市/塚田達也)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには佐藤耀穗プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。