GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗、バハマ開催の米ツアー開幕戦出場を熱望!

GTPAの表彰式に出席した松森。ささき、畑岡奈紗。それぞれ来季の飛躍を誓った

日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)は16日(金)、東京都内で新人賞(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)と特別賞の表彰式を開催した。特別賞を受けた畑岡奈紗(ルネサンス高3年)は表彰式後に取材に応じ、来シーズンの主戦場とする米国女子ツアーの開幕戦「ピュアシルク バハマ LPGAクラシック」への出場を熱望した。

1月26日に始まる開幕戦は出場者が絞られる。畑岡は「エントリーのギリギリにならないと(出場の可否は)分からないと思う」と話した。バハマに入り、欠場が出て出場の優先順位が下りてくるのを待ったり、大会の予選会に出たりする可能性がある。

母・博美さんも「出場するのであれば、わたしも(バハマに)行きます!」と愛娘の初陣をサポートするつもりだ。出場できなかった場合、デビュー戦は2月16日に開幕する2戦目の「ISPSハンダ オーストラリア女子オープン」が濃厚だ。

10月の「日本女子オープン選手権」で史上初のアマチュア優勝、さらに史上最年少のプロ転向と話題をさらった今年。「地元の飲食店で声をかけられるようになった」と、一気に露出の増えた新星は年末も大忙し。クリスマスは先輩プロ主催のコンペに参加する予定で、サンタクロースへの願いは「英語が話せるようになりたい、です!」と笑顔で答えた。

新人賞に輝いたのは、今季初優勝した松森彩夏ささきしょうこ、賞金ランク11位となった堀琴音(欠席)の3選手。22歳の松森は「1勝と言わず、複数回優勝を来年の目標にします」と宣言。20歳のささきは「ルーキー賞はこの時期しかもらえない。今年は最終戦の『LPGAツアー選手権リコーカップ』に出られて良かった」と充実の表情だった。(編集部・林洋平)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには佐藤耀穗プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。