GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/リゾートトラストレディス 最終日

2016/05/29 17:38

この悔しさは「近いうちに晴らせたら」と佐 この悔しさは「近いうちに晴らせたら」と佐伯三貴

成田美寿々 通算8アンダー、2位 (暫定3位タイで中止)

「最後までやりたかったけど、中断になった時に回復の見込みはなさそうだった。18ホールをプレーしていたらもっと順位を落としたか、勝っていたかは分からないけど、これもゴルフなんだなと。10番のティショットは気合いの入ったショットで、距離も出ていたし、後半はアンダーでまわってやるぞという気持ちだった」

佐伯三貴 通算7アンダー、4位 (首位タイで中止)

「仕方ない。良いゴルフはできていたし、優勝争いができるようなプレーができるんだと、自信になった。良い1週間だった。手はテーピングとケアで痛みなくプレーできた。この悔しさを近いうちに晴らせたらいい」

金田久美子は「伸び伸びできた」と強風の中 金田久美子は「伸び伸びできた」と強風の中3つのバーディで猛チャージだったが・・・

金田久美子 通算4アンダー、16位 (3位タイで中止)

「前半3つのバーディがきたけど、入れたいのを外したりしていた。ショットがとにかく良かった。久しぶりに良いゴルフが出来たので、来週につながるゴルフができたと思う。久々にこの位置でプレーできて、伸び伸びプレーできた。こういうゴルフが続いていけば優勝にもつながっていくと思う」

堀琴音 3アンダー、23位 (18位タイで中止)

「13番のパーパットでボールが動き、カラーまで転がってしまった。競技委員を呼んで処置したが、アドレスにはいることも困難なほど、風が吹いていた。地元でのプレーだったので、最後までやりたかった」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには藤田美里選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。