GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/LPGAツアー選手権リコーカップ 最終日

飛距離にこだわった1年も・・・課題を残してシーズンを終えた成田美寿々

成田美寿々 4バーディ、2ボギー「70」、通算イーブンパー、3位タイ

「結果だけで言うと納得のいかない1年。自分の成長を感じづらかった。ミドルパットは少しは入るようになったけど、アプローチがまだまだ。収穫は飛距離が伸びたこと。セカンドを小さい番手で打てるのはメリットなので、今年続けてきた飛距離の追求は間違っていなかった。今年を振り返って、高い目標を立て続けていれば達成できない年もある。達成できなかったことよりも、昨年を(スタッツで)下回ってしまったのが悔しかった」

テレサ・ルー 4バーディ、1ボギー、1ダブルボギー「71」、通算1オーバー、6位タイ

「チャリティは自分のためじゃなく、どれだけ寄付できるかを考えていたので頑張れた。本当は優勝だったら良かったけど。でもそのことに集中出来たので、ディフェンディングのプレッシャーなく、集中してプレーできた。今年はわたしにとってベストな成績の1年だったけど、平均ストローク60台の目標を達成できていないので、このオフはその目標に向かって練習したい」

<獲得賞金468万円のチャリティ内訳>
・宮崎県立こども療育センター/210万円
・社会福祉法人 日本心身障害児協会 島田療育センター/105万円
・公益財団法人 日本盲導犬協会/105万円
※諸経費を引いた端数調整分は本人負担とする

森田理香子は来年こそ、再びテッペン狙う?

森田理香子 1バーディ、3ボギー「74」、通算8オーバー、19位タイ

「そんなに悪いゴルフではなかったけど、チャンスでバーディが獲れなかった。そういう部分で、1年を通して波に乗れなかった。日本人選手が上に行かないといけないというのは、みんな思っている。強い外国人選手が上位にくれば、それが刺激になってもっと上手くなろうと思うだろうし、来年は良い試合を見せられるんじゃないかな」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。