GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミが女王戴冠へカウントダウン「勝って2億円決めたい」

2015/11/14 17:13

イ・ボミが悲願の賞金女王の座を間近に手繰 イ・ボミが悲願の賞金女王の座を間近に手繰り寄せた

いよいよ女王戴冠へのカウントダウンが始まった。千葉県で開催されている「伊藤園レディス」2日目、初日からエンジン全開のイ・ボミ(韓国)が5バーディ、1ボギーの「68」でプレーして通算11アンダーとし単独首位をキープ。自身初めての賞金女王戴冠と、ツアー史上初となる年間獲得賞金2億円突破へ王手をかけた。

見せ場は、最難関ホールとなった17番(パー3、197yd)。コース攻略のため、初日に入れていた48度のウェッジから3UT(19度)にスイッチした。「完璧だった。きょうの一番」と、ティショットをピンそば1mにつけてバーディを奪うと、後続との差を2打に広げた。逆転女王へわずかな可能性を残す賞金ランク2位のテレサ・ルー(台湾)は「70」でプレーし、13度目となった同組での直接対決はイに軍配が上がった。

今週はサポート陣も万全の態勢。イが師事するコーチのチョ・ボムス氏も駆けつけ、朝の練習から帯同している。イ自身の体調や疲れを考慮し、スイングのわずかなズレの調整を助言しているという。

食事でも勝利を誓った。8月の「ニトリレディス」、9月の「ゴルフ5レディス」と優勝した試合で食べたウナギを“ゲンカツギ”にと、昨晩も食べた。

大一番となる最終日を前に、ラウンド後は雨の中を練習場へと急いだ。今季の獲得賞金は1億8980万円余で、今週の優勝賞金は1800万円。「勝って2億円を突破できたら、本当にうれしい。プレッシャーはある。でも頑張る気持ちの方が大きい。あしたは一生懸命やるだけ」。

ルーが今週優勝しなければ、賞金女王戴冠が決定。自身が単独3位以上なら自力での戴冠だ。昨年亡くなった父との約束を果たせる日が、迫っている。(千葉県長南町/糸井順子)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。