GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ステップアップツアーの最新ゴルフニュースをお届け

発熱の城間絵梨がせき込みながら首位発進/ステップアップツアー初日

プロ入り4年目の城間絵梨が首位に立った  プロ入り4年目の城間絵梨が首位に立った ※大会提供写真

国内女子下部ステップアップツアーの第11戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」は24日、広島県廿日市の芸南CCで開催した。2日間競技の大会初日、ツアー未勝利の城間絵梨(じょうま・えり)が7バーディ、2ボギーの「67」(パー72)をマークし、5アンダーで首位発進を決めた。

城間は前日に38度の熱で休息を強いられながらもナイスプレー。「熱で余計なことを考えなくて済んで逆に良かったのかな」とせき込みながらの1日を振り返り、残す最終日に「自分のプレーを」と意気込んだ。

8月にプロテストに合格した鈴木麻綾が4バーディ、ノーボギーの「68」とし、首位と1打差の4アンダーで土岐香織と2位に並んだ。ツアー通算2勝目を狙う平野ジェニファーは3バーディ、ノーボギーの「69」で、3アンダーとし3位スタートを決めた。

前週の「山陽新聞レディースカップ」を制し、2週連続優勝を狙う岡山絵里は1バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの「79」とし、7オーバーの100位タイ。8番ホールで野口彩未がホールインワンを達成し、賞金10万円を手にした。

【主な上位成績】
1/-5/城間絵梨
2T/-4/鈴木麻綾土岐香織
4/-3/平野ジェニファー
5T/-2/酒井千絵向山唯、八上ひかる