GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

4戦連続予選落ちの深い霧…森田理香子が3位発進

2015/09/18 20:48

久々の60台マークで3位発進。4試合連続 久々の60台マークで3位発進。4試合連続予選落ち中の森田理香子が好スタートを切った

国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」初日に、4試合連続予選落ちが続いていた森田理香子が7バーディ、3ボギー「68」でプレー。6月「アース・モンダミンカップ」最終ラウンド以来となる60台をマークし、首位と2打差の4ンダー3位発進を切った。

前週「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」では「へこんでいます」と苦笑いを浮かべ、なすすべなく4戦連続の予選落ちとなった森田。「ゴルフは悪いときの方が多いと思う。切り替えていかないといけないけど、今まではそれが上手くできていなかった。今は成長できる良い時間なのかな、と思っています」と、自らに言い聞かせるように話していた。

そんなスランプに光明が差すスコアといえるかどうか? 久しぶりの60台をマークした森田は「特に変わっていない」と、この4試合との違いについてサラリと話した。「ミスもあったけど、元々そこまで悪いところもなかった。スイングも変えていないし、やっぱり予選落ちは無駄ではなかったと思っています」。特定できない課題は解消もできない。霧の中を歩くようなもどかしさが、まだ残っているようにも聞こえる言葉だった。

数字は正直だ。かねてから「調子のバロメーター」と話してきたイーグル数は、賞金女王を獲った2013年の8個から減少傾向にある。1勝に終わった14年は4個に減り、今季は27試合を消化した時点で2個。パワーヒッターの代名詞ともいえるイーグルの減少は、そのまま飛距離の低下を意味する捉え方もできるだろう。パワーダウンしたとは限らない。実際、今季は飛距離へのこだわりを残しつつも、方向性アップの必要性も口にし、技術よりもマネジメント面での変化を感じる言葉が少なくない。

ともあれ、この日は7バーディを量産しての好発進。「自分が思った感触の球が打てると気持ちも上がってくる。スコアもプラスして、今日は久しぶりに楽しかった」と笑顔もこぼれた。「自分でしか分からない感触を大事にしていければ」。どんなに深い霧の中でも、足元をしっかりと見つめて、前進するしかないのだ。(愛知県美浜町/塚田達也)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。