GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/NEC軽井沢72 最終日

最終日はノーボギーのバーディラッシュで2位に入った渡邉彩香

渡邉彩香 7バーディ、ノーボギー「65」 通算12アンダー2位タイ

「パッティングが入るようになった。2番で5mくらいが入って、あれくらいの距離が今週初めて入ったので、気持ち的に乗っていけたと思う。最後にボードをみたのは13番が終わったところで、テレサが12アンダーというのは分かったけど、まだ半分残っていたので(優勝は)14アンダーくらいだろうと。(14番で12アンダーになって)15番はカップを一周して戻ってきて、(昨日アルバトロスの)16番は力が入ってティショットを左へミス。納得のミスだけど、刻んでもチャンスに付けないとダメですね」

飛距離はなくても…「65」で2位浮上の酒井美紀

酒井美紀 8バーディ、1ボギー「65」 通算12アンダー2位タイ

「先々週あたりからショットは良かったけど、今週は特にショットが良く、パット(打ち方、リズム)を変えたのが良かった。自信を持って挑めました。ここ最近、標高が高いところでの試合が多くて飛距離が出るので、気持ち良くプレー出来ているというのはある。洋芝も打ち込めるので、なおさら自信を持ってプレーできた」

最終日は爆発ならず…。通算11アンダーの4位に終わった大山志保

大山志保 1バーディ、ノーボギー「71」 通算11アンダー4位タイ

「5番で3mのバーディパットを外して、流れをつかめず、集中力に欠けたというか・・・。あそこがポイントでしたね。でも良いパーセーブが多かったし、アプローチで4回パーセーブできたのがよかった。今週はいろんな選手とまわれて勉強になりました」

原江里菜 6バーディ、1ボギー「67」 通算11アンダー4位タイ

「(ホステスプロとして)結果としてほぼ100点に近かったけど、万全な状態で入れなかったので、しっかりと調整する力をつけてここに帰ってきたい。すごく良かったわけじゃないけど、パッティングが決まってくれたので、スコアにつながったと思う」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。