GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

前年優勝者・酒井美紀の“端”へのこだわり

2015/06/27 19:50

「端がいいんです」とこだわりを明かした酒 「端がいいんです」とこだわりを明かした酒井美紀が、リーダーボードの天辺を狙う

国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」の3日目。5打差の17位から出た前年覇者の酒井美紀が4バーディ、1ボギー「69」にまとめ、通算7アンダーの11位に浮上。首位との差を3打に縮めて、大会連覇に望みをつないだ。

「なかなかパットが決まらなかった」と満点とはいかない内容ながらも、「ちょっと予想外でした」と笑顔を見せる好位置。「明日は最低でも5アンダーを目指して頑張りたい」と、改めて大会連覇へ強い意欲を示した。

ところで今週、クラブハウス前にある駐車場の最前列には、名前入りのプレートとともに前年優勝者の駐車スペースが用意されている。一目でそれと分かる“特等席”に、「前の方は嫌なんです・・・もっと端にいたい」と恐縮した様子でひたすら苦笑い。「端がいいんです」と繰り返した。

関係者によれば、酒井はツアー会場のショット練習場でも、常に端の方で打っており、とくに左端は“特等席”なのだという。理由は、福島県で実家が経営する練習場で常に左端の席で練習し、腕を上げてきた経緯があるためとか。持ち球がドローなのも、「ネットが左側に迫る左端の打席からはフェードを打ちにくかったからでは?」(関係者)ということだ。

ともあれ、初優勝を飾った思い出の地で迎える大会連覇のチャンス。連覇達成の暁には、来年度大会で酒井の駐車スペースを“端の特等席”に用意してくれるはずだ。(千葉県袖ヶ浦市/塚田達也)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。