GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

笠りつ子が2位浮上 「全英」切符の可能性は?

4打差ながら2位に浮上。最終日に逆転優勝 4打差ながら2位に浮上。最終日に逆転優勝の可能性をつないだ笠りつ子

国内女子ツアー「サントリーレディス」3日目。2打差3位から出た笠りつ子が3バーディ、1ボギーの「70」とし、通算10アンダーの2位に順位を上げた。首位を走る成田美寿々とは4打差に離れたが、逆転優勝への望みをつなぎ、最終日は成田と同じ最終組をプレーする。

今季1勝目とともに可能性を広げたのは、笠にとっては初となる海外メジャー出場だ。今週を終えた時点の賞金ランク上位5人に、海外メジャー「全英リコー女子オープン」(7月30日~)の出場権が付与される。同2位のテレサ・ルーが有資格者(14年「リコーカップ」優勝)のため1つ繰り下がり、実質は現時点で6位の藤田光里までが圏内。笠は、藤田から約1600万円差の9位にいるものの、出場資格が繰り下がる可能性が高まっているためだ。

規定では、上位5人の中に辞退者が出れば定員に達するまで順次繰り下がり、すでに1位のイ・ボミと、4位の上田桃子が辞退を明言。3位の菊地絵理香、6位の藤田も辞退の可能性をほのめかしており、どこまで繰り下がるのか不透明な様相を呈している。

笠は「今は日本のツアーに出ていたい」と出場を決めかねているが、「父親が行きたそうにしているので、私がついていく感じになるかもしれない」と、今週もキャディを務める父・清也さんの意向に従う素振りを見せていた。(兵庫県神戸市/塚田達也)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。