GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/フジサンケイレディスクラシック 初日

イーグル奪取とはいかなかったものの、渡邉 イーグル奪取とはいかなかったものの、渡邉彩香は地元で首位と3打差、7位の好スタートを切った

全美貞 4バーディノーボギー「68」、4アンダー単独2位

「良いショットできっちりとバーディが獲れ、悪いショットもあったけど、流れを断ちきることができたのが良かった。風は前半から吹いていたので難しかった。(川奈は)いつもこれくらい吹いているし、吹いていないと、ここらしくない。もったいないミスもあったけど、調子は上々。今年の目標は優勝することが一番で、できればメジャーで勝ってみたい」

渡邉彩香 4バーディ2ボギー「70」、2アンダー7位

「もう少し(バーディを)獲りたかった。風が強い中でもショットは安定していたし、チャンスはあった。5番(パー5)のイーグルパットは、残り210ydを3UTで5mにつけたけど、そこまでの流れが良くなかったので、寄せて確実にバーディを獲ることを優先した。難しいグリーン上ではあまり考え過ぎないようにして、あしたはチャンスを待ちながらロングホールで獲っていきたい」

一ノ瀬優希 4バーディ2ボギー「70」、2アンダー7位

「もったいないパットが2つあって、もう少しスコアを伸ばせたかな。さいごは風が吹く中で、よく我慢ができていたと思う。あしたはもっとプレッシャーのかからないパッティングをしたい。きょうはシビアなパーパットを残して、自分が疲れるゴルフをしてしまった。ショットはまだ良いイメージが出ていないけど、考えながら緩急をつけてプレーしたい」

堀奈津佳 1イーグル1バーディ2ボギー1ダブルボギー「73」、1オーバー30位

※11番(137yd/パー3)で人生初のホールインワンを達成
「良い当たりだった。(カップインするところはティグラウンドから)見えた。妹(堀琴音)が水曜の練習ラウンドでホールインワンをしていたので、わたしもゴルフをしているなら1回くらいはしたいなと思っていた。難しいコースだけど、名門川奈で達成できて良かった。明日は(ホールインワン賞600万円の懸かる)17番で狙いたい」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。