GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

五輪出場へ前進!鈴木愛「夢じゃなくなってきた」

「攻めの姿勢は変えません」。五輪出場に現 「攻めの姿勢は変えません」。五輪出場に現実味が増してきたという鈴木は手綱を緩めることなく邁進する

国内女子ツアー第3戦「Tポイントレディスゴルフトーナメント」が3月20日(金)、佐賀県武雄市にある若木ゴルフ倶楽部で開幕する。前日の19日(木)、前週の「PRGRレディス」で李知姫(韓国)にプレーオフで惜敗を喫した鈴木愛が、18ホールの練習ラウンドを行い最終調整を施した。

このコースをまわるのは今週が初めてだという鈴木。アンジュレーションのあるフェアウェイに警戒を見せ「ショートホールは短いので(バーディが)獲りやすい一方で、ミドルは距離が長いので(バーディが)獲れるか、獲れないか」と印象を語った。

前週の結果を受けて迎える今週。「2位では意味がない。今は(気持ちが)吹っ切れたけど」と言葉尻にも悔しさを残す。自身が掲げている“今季3勝”という高い目標の前には、優勝以外、鈴木を満足させるものはない。

それでも、世界ランキングは11.7ポイントを加算して15ランクアップ。日本人として3番手の58位となった。来年開催されるリオデジャネイロ五輪に出場できるのは、各国のランキング上位2人まで(15位以内の場合を除く)だが、上を行く横峯さくら(56位)、大山志保(49位)の背中も見えてきた。

もちろん鈴木自身も現在のポジションをしっかりと把握。「(五輪出場が)夢じゃなくなってきた」と、漠然としていたイメージは現実味を帯びてきた。「いま、同じPING契約の大山さんが日本勢では首位。いつも優しく接してくれて。大山さんと一緒に出たい」。具現化しつつある目標が、さらに鈴木を邁進させることになるか。(佐賀県武雄市/糸井順子)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。