GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

森田理香子は猛追2位フィニッシュ「開幕戦なのにできすぎ」

2015/03/08 17:46

森田理香子は優勝こそ逃したものの、2年連 森田理香子は優勝こそ逃したものの、2年連続2位に「できすぎ」の及第点

国内女子ツアー「ダイキンオーキッドレディス」最終日、首位と4打差4位タイから出た森田理香子が8バーディ2ボギーの「66」の猛チャージで、好相性の開幕戦を2年連続の2位でフィニッシュした。

この日の森田は序盤からのスタートダッシュで、リーダーボードを駆け上がった。立ち上がりの1番では、残り117ydの第2打をピンそば約80cmにピタリと寄せてバーディとし、グリーンを取り巻く多くのギャラリーを沸かせた。続く2番もOKバーディと、鋭くピンをさすショットでスコアを重ねた。

あえてピンチを挙げるなら、4番(パー5)と5番くらい。いずれもバンカーにつかまったが、そこからピンに寄せ、「油断できない」という高麗グリーンでパットをしっかり沈めてパーで切り抜けた。

上位に迫る勢いを自覚しながらリーダーボードを確認。「欲を出すとダメだから」と“今できる自分のベスト”を尽くすことに集中してプレーした。後半は2つのボギーを叩いたが、上がり2ホールを含む4つのバーディを決めてホールアウトし、前日の宣言どおり「最後まであきらめない」プレーを貫いた。

開幕前から見えない不安をたびたび口にしていたが、終わってみれば単独2位フィニッシュ。「良すぎだなあと思う。開幕戦なのにできすぎている」。シーズン初戦から、オフに取り組んだ成果を実感できるラウンドとなった。(沖縄県南城市/糸井順子)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。