GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

岩田寛は3季ぶりの首位発進も・・・1打のミスに不穏な空気

2017/05/25 19:08

3季ぶりの首位発進を決めた岩田寛だったが、この日も納得の言葉は少なかった

◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 初日(25日)◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山)◇7404yd(パー72)

午前組から出た岩田寛が7バーディ、1ボギーの「66」とし、通算6アンダーの首位タイでホールアウト。フェアウェイを外したのは3ホール、14ホールでグリーンを捕らえる安定したプレー内容で、2014年の今大会以来、3季ぶりとなる首位発進を決めた。

会心の18ホールかと思いきや、この日も岩田の口から出た納得の言葉は少なかった。「7番のティショットまでは良かったけど、セカンドでミスして、そこから修正が効かなくなった」。前半6番までに快調に4バーディを重ね、迎えた7番の2打目で予想外のミスが出た。フェアウェイから「ダフって、左に行った」とグリーンを外し、3打目を寄せてパーでしのいだものの、以降は好調なフィーリングがすっかり消えてしまったという。

その後は3バーディを重ねながらも、「なんでこのミスが出る?って感じで。その直し方が分からず、どう打っていいのか分からなかった」と最後まで続いた違和感が岩田の表情を暗くする。ショットの突然の変調は、前日にも「迷走中」と述べていた一因でもある。

その中でも、「7番までの貯金と、悪い中でも(ボールがコースの)幅の中にいてれくれたし、良いパットも入ってくれた」との内容で築いた「66」の好発進。「まあ、良いスタートが切れて良かったです」と、最後は自らを納得させるように締めくくった。(岡山県笠岡市/塚田達也)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?