GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

マッチプレー大会への衣替えも 来季の男子ゴルフ、賞金総額1億円増

2016/12/17 09:05:29

池田勇太が初の賞金王に輝き、幕を閉じた2016年。来季はどんなドラマが待ち受けるのか?

日本ゴルフツアー機構(JGTO)は16日、2017年の試合日程を発表した。開催は26試合で変わらないが、賞金総額は1億1000万円増(為替変動の影響を除く)の35億9475万円(海外開催の2試合は1米ドル=117円で換算)となった。

青木功が今年3月、JGTO会長に就任し、男子ツアーの人気低迷からの脱却を図ってきた。“即効薬”として来季の試合数増加は実現できなかったが、大西久光副会長は「今年は(来季の)試合数が増えると思っていなかった。まずは選手たちがプレーする環境をしっかり整備することが必要だった。来年、男子ゴルフを盛り上げて、スポンサーさんが手を挙げてくれればと思う」と話した。

最大の変更点は「ISPSハンダマッチプレー選手権」の開催だ。今年まで2回行われた「ISPSハンダグローバルカップ」を衣替えする。海外からの招待選手の多さが特徴だったが、来年は日本ツアーの選手を中心に総勢104人で、総額2億1000万円の賞金を奪い合う。千葉県の浜野ゴルフクラブで8月1、2日に2回戦まで、9月6日~10日に3回戦以降を実施する。8人のシード選手は3回戦から戦う。

11月開催の「HEIWA・PGM選手権」は、試合会場をPGMゴルフリゾート沖縄に変更。5月の「日本プロ選手権 日清カップヌードル杯」(かねひで喜瀬カントリークラブ)とともに、2試合が沖縄県での開催となる。10月の「ホンマ・ツアーワールド・カップ」はアコーディア・ゴルフが主催から抜けた影響で、開催コースが未定となっている。

1月19日に始まるアジアンツアーとの共同主管競技「SMBCシンガポールオープン」が初戦。4月の「東建ホームメイトカップ」で、国内開幕戦を迎える。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

アクセス急上昇!ランキング

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
GDOカードWキャンペーン
【全員最大】3000pt さらに
【人気ウェッジ】当たる!
スコアアップを手助けするゴルフレッスンスクール
練習場おトクーポン
知って得する、練習場おトクーポン!!
HOT LIST JAPAN 2015
今年の熱いギアは?HOT LIST JAPAN 2016
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入可能 !!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
いつでも・誰でも・誰とでも参加できる!
ゴルフで楽しく社会貢献!みんなで菜園をつくろう
注目ワード一覧
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス