GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

3年ぶりにタイトル奪還 男子ツアーメンバー喜びの声

3年ぶりにタイトル奪還!メンバー全員がポイントを重ね勝利に貢献した

◇国内ツアー対抗戦◇Hitachi 3Tours Championship◇グリッサンドゴルフクラブ(千葉県)◇3613yd(JGTO)、3425yd(PGA)、3179yd(LPGA)=9ホール◇パー37

今年の国内3ツアー“最強”の称号を手にしたのは、3年ぶりにタイトルを奪還した男子ツアー。賞金王の池田勇太を欠いた布陣で臨んだが、2位に6ポイント差をつける圧勝を飾り、初陣となる青木功・新会長の胴上げでシーズンを締めくくった。全選手の喜びの声は以下の通り。

青木功会長

「今年最後の試合で女子ツアーの3連覇も抑えられました。来年はどこかのチームがまた(連覇を)阻止しようとするだろうし、こうして競争してやっていければいいな、と思います」

片岡大育

「きのう青木さんの呼びかけでみんなが集まり、“オレを胴上げしてくれよ”って。きょうはみんなで一生懸命、(胴上げを)狙おう、って気分になりました」

宮里優作

「一緒です。今年1年間ツアーで戦ってきた仲間ですし、そういう意味で最後にお互い切磋琢磨できました。チャリティにも貢献できたし、シニアツアーと女子ツアーがなかったら、僕らもこういうパフォーマンスはできていないと思う。3団体が協力して、このようなことができることがうれしいです。(ペアを組んだ)ヨンハンは完璧。本当に、おんぶに抱っこに肩車でした」

ソン・ヨンハン

「最初に勝って(開幕戦の「SMBCシンガポールオープン」)、最後に勝って。今年は2勝ですね」

小平智 ※MVP賞を獲得

「MVPはたまたまもらった賞なので、それよりもみんなで優勝できたことが一番うれしいです」

片山晋呉

「みんなが集まって、こうやって最後の試合で優勝できて。女子ツアーはかなりやる気でしたけど、抑えられて優勝できて本当にうれしいです」

谷原秀人

「きのうから青木さんの気合いが伝わってきたので。(胴上げ用に)池まで用意していたのに(笑)」


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?