GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

2位浮上の藤本佳則 最終日の強さの理由は?

2015/11/07 18:21

序盤の失速からナイスカムバック。2位で最 序盤の失速からナイスカムバック。2位で最終日を迎える藤本佳則

心が折れかけてからのナイスカムバックだ。国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」3日目を8位から出た藤本佳則が、最初の2ホールでボギー、ダブルボギーを叩きながらも、以降に7バーディを奪う「66」をマーク。首位と2打差の通算8アンダー2位につけ、2季ぶりのツアー通算3勝目に望みをつないだ。

最初の1番、2番で1打目を右に曲げ「終わったなあ、と思った」という大失速。それでも「冷静でいられた自分がいて、それが良かった」と、直後の3番から4m、1m、1.5mを決める3連続バーディで早々と借金を返済する。以降も、先月上旬から復調傾向にあるというショットで次々とチャンスメーク。後半9ホールで4バーディを量産し、ムービングデーのリーダーボードを駆け上がった。

最終日は同じ最終組で、2打差で首位に立つ谷原秀人の背中を追う。所属先とクラブの契約メーカーが同じ東北福祉大の大先輩だが「谷さんと回って、あまり良いことがない」という。普段から練習や行動をともにすることが多いため「試合なのに、試合ではないような感じになる」ことが理由だ。「近くで優勝を見届けますよ」とおどけてみせたが、藤本には最終日の強みを示すデータも残されている。

今季、最終ラウンドの平均ストローク「68.73」は全体1位を記録。藤本自身の第3ラウンドまでの数値と比べて約1.57ストロークも秀でており、最終日に大きく伸ばす傾向にある。

「次の日に、家に帰れる楽しみがあるからね。子供とも会えるでしょ。3日目まではあまりテンションが上がらないんですよ」

昨年10月に長男が誕生し、ときにはオシメも替えるイクメンぶりを発揮している藤本。背中を押してくれる家族に“パパ初優勝”の朗報を届けたい。(千葉県印西市/塚田達也)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?