GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

目指せ米ツアー 小平智が追う“岩田ルート”

2015/10/21 19:31

前週「日本オープン」を制した小平智。“岩 前週「日本オープン」を制した小平智。“岩田ルート”で米国ツアーへの道を切り開けるか

国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」は22日、千葉県の袖ヶ浦CCで開幕する。注目の1つは、今週終了時点で決定する2つの「世界ゴルフ選手権(WGC)」出場資格の行方だ。優勝者には来年6月の「WGCブリヂストンインビテーショナル」、さらに今週を終えた賞金ランク上位2人(辞退者が出れば繰り下がる)には2週間後の「WGC HSBCチャンピオンズ」出場権が与えられる。

海外のビッグトーナメントに直結する一戦に、海外志向が強い選手たちのモチベーションはひときわ高い。前週「日本オープン」を制した小平智もその1人だ。今週を前に賞金ランクが3位に浮上し、WGC2試合の出場権に手が届く位置にいる。狙うのは、岩田寛が切り開いた“岩田ルート”による来季以降の米国ツアー参戦だ。

米国PGAツアーのQTが下部ツアーのみの実施となった2013年以降、米ツアーに本格参戦するには、下部ツアーで最低でも1シーズンを過ごし、賞金ランク上位で“昇格”しなければならない遠い道のりとなった。小平には昨年、国内ツアーに出場しながら米国下部ツアーのQTに初挑戦し、1次、2次を突破しながらファイナルで落選した苦い思い出がある。

一方で岩田は、昨年の「ブリヂストンオープン」終了時点で賞金ランク上位2人に入り、同年11月「WGC HSBCチャンピオンズ」に出場。配分ポイントが大きいビッグトーナメントで3位タイに入り、今年9月の入れ替え戦(全4試合)出場へとつなげ、下部ツアーを経ることなく、見事に米ツアーカードを手にした。

世界ランクなどを背景に、米ツアーのスポット参戦と国内ツアーのかけもちを続け、出場権を獲得した石川遼松山英樹とも異なる、日本人選手としては初のルートだった。

それだけに、新たな“岩田ルート”の魅力は大きなものに映っている。「岩田さんの3位はテレビで見ていた。僕にもできると思ったし、そういうイメージもある。(HSBCに出て)岩田さんの記録を抜きたい」。見えている夢舞台へ続くルート。そこへのカギを勝ち取らなければ道は始まらない。(千葉市緑区/塚田達也)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?