GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

米ツアー開幕まで2週間 石川遼が日本で得た「大切なこと」

2015/10/04 18:30

最終日も1Wで苦しんだ石川遼だが、多くの 最終日も1Wで苦しんだ石川遼だが、多くの収穫を得る日本滞在となった

約1カ月の国内参戦に区切りをつけるツアー3連戦目は、ほろ苦い締めくくりとなった。国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」最終日。首位を1打差で追ってスタートした石川遼は5バーディ、4ボギー「71」と伸び悩み、優勝スコアに4打届かない通算8アンダーの6位タイで4日間を終えた。

この日も1Wは安定からほど遠い内容だった。アグレッシブなプレーへの意識を強めている石川にとって、強振による左右への曲がりは覚悟の上。しかし、無意識のうちにでも守りに入ってしまったミスショットとなれば、話が別だ。「置きにいくようなスイングで、思い切り振ることができなかった」と、最終日は消極的なスイングへの反省が多く口をついた。

「12番は3日目、4日目と右の林で、今日も置きにいくような感じだった。ああいう1打が、うまくなることを妨げる。まだまだだな、と思いました」。優勝を逃した悔しさに加え、心に決めたテーマを貫けなかったことが石川の表情に陰を落とした。

主戦場とする米国ツアーの2015-16年シーズン開幕を2週間後に控え、一時帰国して臨んだ「ネスレ日本マッチプレー選手権」(ツアー外競技、1回戦敗退)、「ANAオープン」(優勝)、「ダイヤモンドカップゴルフ」(52位)、「トップ杯東海クラシック」(6位)の国内4連戦。何よりも「大切なことに気づけた」ことが大きな収穫だった。

3連戦を前に出場した「ネスレ日本マッチプレー選手権」の1回戦で敗れ、消極的なプレーへの反省から導き出した、攻撃的なプレーへの回帰。「自分がこれから、どのようにしていきたいのかが一番大切なことだった。アメリカでやってきた中で逃げる姿勢もあり、本当にやりたいことを見失っていたことに気づけたことは、大きな収穫だったと思う」。

前週から全体的に重量を増やしたクラブセッティングも、調整しながら主戦場でも継続させる予定。日本の滞在で得た収穫と反省を胸にとどめて、次週、4年目のシーズンに向けて渡米する。(愛知県みよし市/塚田達也)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?