GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

宍戸ヒルズ:17番ホールはどれくらい難しい?

毎年、年間のホール別難しさで上位に来る宍 毎年、年間のホール別難しさで上位に来る宍戸ヒルズCCの17番。パーが取れれば御の字だ

ここ宍戸ヒルズCCの最難関といえば、誰もが17番ホールということで納得する。ティショットの落としどころは狭く絞られ、フェアウェイの左にはつま先下がりとなるラフが待ち受ける。グリーン右手前には池が広がり、2打目の残り距離は160ydほど。刻むには短く、ラフから攻めるにはリスクが高いというセッティングに、痛い目にあう選手が続出している。

ホール別の平均ストロークは初日が「4.5」で、2日目が「4.798」。もちろん、2日続けて難しさ1位だが、さらに言うと今年ここまで最も難しかったパー4は「関西オープン」初日の16番で「4.513」。この日のスコアは、それを上回る今年の最高難度を更新した。

ちなみに、昨年1年間で最も平均ストロークが高かったパー4は「日本プロ」初日の13番で「4.867」。それに次ぐのは「日本ツアー選手権森ビル杯」最終日の17番で「4.734」。今年は2日目にして「4.798」と、昨年のランキングで考えると2位に入る難しさとなった。

「日本ツアー選手権森ビル杯」2日目を終えて、通算3アンダーで5位につける小平智は、この日の17番はティショットを左に曲げた。「いかにダボにしないかだけ。パーを獲れればラッキー」と、2打目をフェアウェイにちょんと出して、3打目でピン右3.5mへ。パーパットを決めることはできなかったが「良いボギー」と振り返った。

それも、そうだろう。小平と同組で回った竹谷佳孝は、左ラフからの2打目でピンを狙って池に入れてしまいダブルボギー。藤本佳則はティショットをOBしてトリプルボギーを献上した。

「ここはああいうのが本当によくあるコース。欲をかいたらダメですね」と小平はいう。宍戸では、コツコツと地道にやるのが好成績の鉄則だ。(茨城県笠間市/今岡涼太)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?