GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

初体験の“ジャンボラウンド” 3時起きの竹谷佳孝が4位発進 

首位と3打差の好発進を決めた竹谷佳孝。同組の尾崎将司の前で堂々とプレーした

目が覚めたのは午前3時。タイマーセットした時刻よりも1時間半も早かった。埼玉県の太平洋クラブ江南コースで14日(木)開幕した国内男子メジャー「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」。竹谷佳孝は、胸の高まりを抑えられないまま初日の朝を迎えていた。

心拍数を増やした要因は、初めて同組でプレーすることになった尾崎将司の存在。12日(火)に予選ラウンドの組み合わせが発表されるなり、竹谷は普段から親交があり、ジャンボを師匠とする河井博大にこぼした。「自分、緊張してんすけど」。

竹谷が高校時代に腰を故障して野球の道をあきらめ、ゴルフ専門学校に進学した1990年代後半は、尾崎がちょうどベテランとなって再び迎えた全盛期だった。

10年来の下積み期間を経て、竹谷が昨年、国内メジャー「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」で初勝利を挙げて手にしたのは賞金3000万円や、5年間の長期シードだけではない。テレビの中のスーパースターにグッと近づける、そんな特別な時間も含まれている。

「勝ったときとも違う。優勝争いのときとも違う」震えるような緊張感。この日の竹谷の場合は、それが望ましく作用した。出だし1番(パー5)で2オンに成功し、バーディを先行。4番で手前から5mを沈めて2つ目を決め、安定したショットを武器にスコアを伸ばした。

ピンチらしいピンチはグリーンを左に外した17番(パー3)だけ。ここもアプローチをきっちり寄せてノーボギーでラウンドを締めくくり、5バーディの「66」(パー71)で4位タイで発進した。昨年末に本格的な治療に踏み切った左ひじ故障の回復、スイング修正の効果も実感できる好スタートにも、尾崎に「カチン!と振られたら(距離が)変わらない」と苦笑いするところに、スコア以上の充実感がにじみ出た。

戦前の予想を上回るバーディ合戦に「まだ初日。あした、あさってと続けて伸ばしたい。ここで満足していると置いていかれる」と言い切った。ジャンボは5オーバーの135位タイと大幅に出遅れたが、「まだ一日ある」と、竹谷のほどよい緊張感は解けなかった。(埼玉県熊谷市/桂川洋一)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?