GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子チャレンジツアーの最新ゴルフニュースをお届け

大堀裕次郎が1打差2位発進 首位はチャン・キム/チャレンジ初日

「65」をマークした大堀裕次郎が、首位と 「65」をマークした大堀裕次郎が、首位と1打差2位の好発進を決めた ※大会提供写真

国内男子下部ツアー今季第2戦「富士ホームサービス チャレンジカップ」が30日(木)、滋賀県の富士スタジアムゴルフ倶楽部 南コースで開幕した。大会初日8バーディノーボギーの「64」をマークしたチャン・キム(米国)が、8アンダーで単独首位に立った。

2013年の「日本アマ」を制し、同年にプロ転向を果たした大堀裕次郎が、1イーグル5バーディの「65」をマークして、イ・テヒ(韓国)と並んで7アンダーの2位につけた。

6アンダーの4位に朴ジュンウォン(韓国)、5アンダーの5位に矢野東白佳和ら6選手が並んだ。2日間競技で、初日イーブンパーまでの62選手とアマチュア選手3人が最終日に駒を進めた。

【初日の上位成績】
1/-8/チャン・キム
2T/-7/大堀裕次郎イ・テヒ
4/-6/朴ジュンウォン
5T/-5/矢野東白佳和、飯田耕正、川満歩山岡成稔森本雄