GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

山下和宏“9度目の正直”なるか?

2015/04/18 19:38

不安を抱えていたアプローチにも自信が備わ 不安を抱えていたアプローチにも自信が備わり、初優勝のチャンスを再び手にした山下和宏

国内男子ツアーの今季開幕戦「東建ホームメイトカップ」の3日目、9位からスタートした山下和宏が後半12番からの4連続を含む7バーディ、2ボギー「66」をマーク。通算9アンダーの2位に浮上し、快晴に恵まれたムービングデーで首位に2打差まで迫った。

プロ転向から18年目を迎えた山下のキャリアは惜敗の連続だ。優勝争いを意味する「最終日最終組」でのプレーは昨年9月「ダイヤモンドカップ」以来、実に9試合目となる。過去8度のチャンスの最終日平均スコアは「72.85」とオーバーパー。1度も60台をマークしておらず、いずれも最終日の伸び悩みが敗因となっていた。

もちろん山下本人がこの事実を誰よりも痛切に把握している。「明日は自分のプレーをして、必ず60台で回りたい。それでダメならしょうがない」と、初優勝への最低ラインに60台という数字を掲げた。

「今までと違い、前向きな気持ちが持てている」と、過去8度の敗戦とは違う手応えがある。「10年くらいになる。これまでは上手くいっても実感がなかった」と課題になっていたパットとアプローチが、今年からタッグを組んだ米澤愛信コーチの指導で改善。とくにパッティングは、クロウグリップで好感触が続いているという。

「苦手だったコースで、これだけできている。まだチャンスはあると思って頑張りたい」。悲願の瞬間に向けて、再び準備は整った。(三重県桑名市/塚田達也)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?