GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太 新1Wを操り10位発進

2015/04/16 19:57

鮮やかなレッドカラーの最新ドライバーを投 鮮やかなレッドカラーの最新ドライバーを投入。池田勇太は10位で開幕初日を終えた

国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」の初日。現職の選手会長として初の賞金王獲りを宣言している池田勇太が、4バーディ、ノーボギーにまとめる「67」(パー71)でプレーし、首位と3打差の4アンダー10位につける好スタートを切った。

開幕戦を前に池田が口にしていたのは、鮮やかなレッドカラーのクラウンが映える最新モデル「ブリヂストン J815 ドライバー」へのアジャストだ。前作「ブリヂストン J715 ドライバー」と比べてスピン量が多い新1Wは、高弾道でキャリーが稼げる反面、風によっては吹き上がり過ぎてしまうリスクも負う。

風が穏やかだったこの日は吹き上がりの心配はなく、飛距離も出ているように見えたが、十分な手応えとまでは言いがたい表情。フェアウェイキープ率は50%にとどまり、完全に馴染むまで調整の必要性を感じながらも、手に残る会心の1打もあったという。「14番は飛んだでしょう」という388ydの短いパー4では、推定飛距離296ydのビッグドライブ。ラウンドを通しては「まあまあだった」と評価した。

ともあれ、上々の滑り出しにつなげるのは池田の総合力の高さゆえ。「“67”という数字は、トータルで考えれば決して悪くない。あっという間の18ホールだったし、明日もそんな感じでできればいい」と、2日目以降のプレーに期待をこめた。(三重県桑名市/塚田達也)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?