GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子チャレンジツアーの最新ゴルフニュースをお届け

単独首位は津曲!阿部、小平のデビュー戦はほろ苦いスタート/Novil Cup 2011初日

パッティングが冴え、7バーディ・ノーボギーの完璧なラウンドで単独首位に立った津曲泰弦

8日(金)、徳島県阿波市のJクラシックゴルフクラブにて、チャレンジトーナメント開幕戦「Novil Cup 2011」が行われた。今大会は、東日本大震災の被災地支援チャリティー大会とし、イベント等で集められた義援金を、関係各所に寄付することを決めている。

通算7アンダーで初日首位に立ったのは津曲泰弦。10番からスタートした津曲は、17番から折り返しを挟んでの2番までを4連続バーディとするなど、7バーディ、ノーボギーの「65」をマークして単独首位に立っている。「ノーボギーは久しぶりなので、一気にやる気が出てきました。今季はチャレンジャーとして、明日以降も思いっきりプレーします」と気持ちを昂らせた。

2008、2009年と2年連続でシードを手にした津曲だったが、昨年は予選通過がわずかに7試合、トップ10入りは1試合もないという不調で失うこととなった。今季はシード奪還に向けて戦うことになる。

通算6アンダーの単独2位には、今日2つのイーグルを奪う攻勢を見せた小林正則、通算5アンダーの3位タイには額賀辰徳金聖潤グレゴリー・マイヤーが続いている。また宮城県出身で、今大会に兄妹で臨んだ小川拓哉は、震災の影響で十分な調整が行えない中、通算3アンダーの9位タイと健闘し、好スタートを切った。

今大会がプロデビュー戦となった阿部裕樹小平智は、通算4オーバーの102位タイ。阿部は「最悪でした。緊張はしていなかったけどセッティングが難しかったです。何とか明日巻き返したい」、小平は「全然思うようにプレーが出来ませんでした。ボールがディボットに入っていて、そこからダボにしてしまって流れが悪くなってしまいました」とコメント。ほろ苦いスタートで初日を終えている。

【主な成績】
順位/スコア/選手名
1/-7/津曲泰弦
2/-6/小林正則
3T/-5/額賀辰徳金聖潤G.マイヤー
6T/-4/ 田中秀道、神山隆志、田中浩太郎
9T/-3/塚田好宣、小川拓哉 ほか
15T/-2/藤島征次佐藤信人 ほか
102T/+4/阿部裕樹小平智 ほか

記事提供元: ゴルフダイジェスト・オンライン