GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

遼、渡米へ準備万端! 充実の沖縄合宿を打ち上げ

2011/02/03 19:31

6日間に渡る沖縄合宿を打ち上げた石川遼。 6日間に渡る沖縄合宿を打ち上げた石川遼。キャディバッグに日の丸を刻み、渡米への準備は整った!

沖縄県の琉球ゴルフ倶楽部で合宿をする石川遼が3日(木)、6日間に渡る沖縄合宿を打ち上げた。この日は朝から雨に見舞われたものの、亜熱帯ならではの温暖な気候。「暖かくてゴルフが1番しやすかった。(気温が)アメリカに近い感じなので、その中で体も動かせたことは参考にもなったし、良い締め括りになった」と、渡米前の最後のラウンドを満足そうに振り返った。

石川にとって、オフシーズンに温暖な気候の中で行う初めての合宿。4ラウンドに渡る実践的な練習、新しいクラブのテストを兼ねた打ち込みなどを行い、「ボールを打つこと、コースでプレーすることが沖縄でのポイントだった。4月くらいの暖かさで冬にプレーできるのが魅力。来た甲斐があったし、それぐらいスイングが良くなった」と、充実の6日間を総括する。

その上で、「問題はこれからだと思う。(合宿が)無駄にならないよう、定期的に練習とトレーニングを続けていかなくてはいけない。それで1年を戦えれば、この合宿が100点だったと言えると思う」と表情を引き締める。今月17日に開幕する「ノーザントラストオープン」出場に向け、明後日の5日に早々と渡米。「アメリカでも時間はあるので、コースで練習していきたい。特にグリーン周りを意識したいですね」と、アメリカに舞台を移しての練習に思いを巡らせていた。

「ノーザントラストオープン」を皮切りに米国ツアー5試合に出場後、4月には待ちに待った「マスターズ」開幕を迎える。この沖縄合宿から使用する新モデルのキャディバッグには、日の丸と『RYO ISHIKAWA』の文字が刻まれた。「いいですよね。気合も入るし、お気に入りです」。海外での戦いを見据えて一新したギアを携え、昂ぶる気持ちとともに世界のステージへ身を投じる。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?