GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

マスターズ
期間:04/10~04/13  場所: オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

x]M Golfinf on the Edge

<堀江x三田村 2>ホリエモン、海外含め驚異の年間300ラウンド!

2014/04/02 13:14

年間300ラウンドはこなしていたという堀 年間300ラウンドはこなしていたという堀江氏。その腕前は…?

【三田村】 結構、ひとつのことにハマっちゃうタイプ?

【堀江】 はい。僕はだいたい1年か2年は周りが呆れるほどギューと行っちゃうタイプです。ほんと周りが呆れますね。毎日やっていたんで。ほぼほぼ毎日。日本全国、世界各地。

【三田村】 海外だとどんなところに?

【堀江】 僕、アメリカはビザの制限があって行けなかったんですけど、フランス、シンガポール、タイ、インドネシアのビンタン島、ニュージーランド、カナダ…。

【三田村】 イギリスとかあっちの方は?

【堀江】 まだですね。なんか、イギリスとかは上手くならないと行けなさそうじゃないですか?ブッシュに入ったら終わりみたいな。

【三田村】 いや、あれね、慣れるんですよ。当然、深いところにハマるじゃないですか。あれ、フェアウェイ真っ直ぐから直角に入ると絶対にボールは見つからないんですよ。だから、飛んでいった軌道通りに歩いて行って探すっていうのが正しいんです。

【堀江】 そうなんですね。僕ね、(ゴルフを)始めてまだ一ヶ月くらいの時に瀬戸内海(GC)に行ったんですよ。あそこはヤバイっすね。風は強いわ、ボールは見つからないわ。

【三田村】 そんなコースがスコットランドには山ほどあって。ただ、瀬戸内海との大きな違いは周りの景色、それから季節によって違うんだけど空気の重さとか、さらにセルフの手引きカート。これはハマりますよ。

【堀江】 ハマりますか。

【三田村】 うん。なんていうのかなぁ。僕もこんな世界に入っていて、そんなにゴルフはやらない方なんだけど、リンクスで手引きでやったらゴルフってほんとに面白いなって。これは、なんとも言えないです。

【堀江】 へー。やっぱり行くしかないですね。

【三田村】 アメリカのコースと雰囲気が全然違って対照的で。アメリカって“勧善懲悪”、“パワー・イズ・ナンバーワン”ってコースの作り方なんですよ。ナイスショットは報われないといけないし、飛ぶ人間がしっかり有利なポジションにあるっていう。ところが、スコットランドのコースってフェアウェイにマウンドがたくさんあって、ナイスショットしてもキック次第でとんでもないところに行っちゃったり、バンカーに入ったりする。ナイスショットが報われるだけが人生じゃねえだろう、みたいなね。ミスショットしてもチャンスがある。それも人生、あれも人生みたいなことを感じさせてくれるコースがリンクスに多い。だから、オタクには向いている。僕はオタクだけど、ずっと自分の世界に18ホールいられるみたいな。

【堀江】 最近の僕の腕だと結構厳しいっすね。

【三田村】 そうでもないです。ただ飛んで曲がるっていうのが一番辛いですけどね。

【堀江】 僕、飛ぶときは曲がらないんですよ。曲がると飛ばないんで。

【三田村】 1年に100ラウンドくらい?

【堀江】 いやいやいや、1年に300ラウンドです。

【三田村】 うっそ!

【堀江】 300は余裕で越えてましたね。連続で14日間やりましたから。全部歩きで。やるのは、だいたい18ホール。ゴルフだけが目的じゃないですから。まず18ホールやって、お風呂入って、夜は飲みに行くって全部セットで。

【三田村】 年間300ってありえないですね。

【堀江】 ありえないです。夏は北海道に行って、昼からやるんです。12時くらいからスルーで回って、メシ食って、夜飲みに行って朝まで飲んで、また昼から行くっていう。

【三田村】 ただゴルフをやって帰って来るんじゃなく、その土地の旨いものを食って、酒を飲んでっていうのも、全体としてゴルフって括りがするんですね。

【堀江】 そうですね。ゴルフが縁でいろんな人たちに出会えて良かったですよ。レッスンプロの人たちとか、プロゴルファーの人たちとか。

(第3回につづく)

堀江貴文
1972年福岡県八女市生まれ。東京大学在学中の96年に有限会社オン・ザ・エッヂを設立。エッジ、ライブドアと社名を変え、プロ野球球団やニッポン放送買収で世間の注目を集める。05年には衆議院の総選挙にも立候補したが、翌年に証券取引法違反で逮捕され、11年6月に収監。刑期を終えた現在はSNS株式会社のファウンダー兼従業員として活動を行っている。愛称はホリエモン。

三田村昌鳳
1949年神奈川県逗子市生まれ。立正大学卒業後、週刊アサヒゴルフ副編集長を経て、77年に独立して株式会社S&Aプランニングを設立。ゴルフジャーナリストとして73年から世界のメジャーを追い続けている。95年には米国でスポーツライター・ホール・オブ・フェイムを受賞。96年の第1回ジョニーウォーカー・ゴルフジャーナリスト賞最優秀記事賞を受賞。著書に「タイガー・ウッズ伝説の序章」「伝説創生」など多数。

GDOゴルフ速報アプリ

4/14(月)マスターズ最終日の朝にはPUSH配信で詳細速報をお届け!【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?