GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

6000円で買える“衝撃”的本格シャフトが話題

2017/05/17 17:30

安さの秘密は中国とのパイプ お試ししやすい『黄色い衝撃』

ウッド用は重量帯の違う3タイプ。49gの ウッド用は重量帯の違う3タイプ。49gの「RF4」、55gの「RF5」、65~66gの「RF6」

株式会社ジオテックゴルフ コンポーネント(本社・千葉市中央区)から4月に発売された「プロトタイプ RF」が話題を呼んでいる。注目はその価格帯。ウッド用が6048円/本、ユーティリティ用が3888円/本、アイアン用はたったの2808円/本という破格の安さだからだ(すべて税込価格)。

シャフトの価格はウッド用だと約4万円前後のものが多く、高額なものでは10万円超えもある世界。まさにピンからキリまでだが、6000円で買えるシャフトとなれば注目されるのは当然といえる。

この価格設定について、同社は「長年中国工場との強いパイプを持っており、国内生産で行う他社では実現できない価格で提供することを可能にしている」(営業担当)と説明。開発や設計をすべて自社で行ったことも、コストダウンにつながっているという。

同社は過去にも低価格帯シャフトを販売した実績を持っており、満を持した形での新商品リリースといえそうだ。担当者は「中国製ではあるが、“フィラメントワインディング製法”という、カーボン繊維の束を糸のように編み込みながら成型する製法を採用しており、安価ながら高い品質」と胸を張る。

キャッチコピーは『黄色い衝撃』。肝心のシャフト特性は、全体がクセなく大きくしなり、切り返しのタイミングも取りやすいという。その性能を試すハードルが低いのも究極のコスパシャフトならではの強みかもしれない。

問い合わせは株式会社ジオテックゴルフ コンポーネント 0120-168-188(フリーダイヤル)、043-222-5621(モバイル)。