GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

新機能フェースで理想の転がりを!オデッセイの最新パターが登場

2017/02/01 16:39

インパクトの瞬間、ボールが順回転して伸びる 「オー・ワークス パター」

「オー・ワークス パター」のスタンダードタイプは9モデル。ほかに2モデルの計11種類がラインアップ

キャロウェイゴルフ株式会社(東京都港区)は、オデッセイから「O-WORKS(オー・ワークス)パター」を2月24日より発売する。

「オー・ワークス パター」の大きな特徴のひとつは、ステンレスとウレタン2種類のインサート素材を一体成型し、フェース面に爪状のヒンジ(英語で蝶番の意)を浮き出させた「マイクロヒンジ・インサート」だ。

ステンレスの爪状のヒンジの表面が、外部を覆うウレタン部分のフェース面に数多く顔を出している形状。このヒンジはインパクト直後のボールに順回転を与え、従来のパターで起きやすかったインパクト後のボールの跳ねや滑りを解消する。転がり方がその都度変わってしまう問題を解消することでボールの転がりは安定し、方向性や距離感のコントロール性能がアップしたという。

フェース面に浮かび上がるヒンジがボールに理想的な順回転を与える

また、スクエアにかまえるためのアライメントには、T字型の「NEW VERSA Tアライメント」を導入。サイトラインは赤に変更し、トップブレード後方にも赤のラインを追加したことで、フェースの向きが見やすくなり、より正確なセットアップを可能にした。

さらにスタンダードモデルのグリップには、オー・ワークスオリジナルカラーを採用したスーパーストローク社の「ピストルGT」を装着。グリップの太さが全体にわたってほぼ一定のノンテーパーテクノロジーと、手元側にピストル形状を融合させたモデルで、手の余計な動きを抑制しつつ、握りやすさも向上させた。

「オー・ワークス パター」のラインアップは、スタンダードタイプの9モデルに加え、#1、#7のTANKバージョン(ヘッド、シャフト、グリップをより重く設計したモデル)の合計11種類。いずれもヘッドカバー付き。価格は、税抜2万8000円(税込3万240円)。問い合わせはキャロウェイゴルフ お客様ダイヤル、0120-300-147。