GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

藤倉ゴムがアイアン専用カーボンシャフト「MCI BLACK」を発表

2016/02/10 20:52

最適なシャフト重量フローで全番手の振り心地を統一

ブラックを基調としたアスリート仕様。80 ブラックを基調としたアスリート仕様。80g台と100g台の2機種が用意されている

藤倉ゴム工業(東京都江東区)は10日、2015年にグッドデザイン賞を受賞したアイアン専用カーボンシャフト「MCI」シリーズの新モデル「MCI BLACK」を発表した。4月15日から発売する。

カーボンと金属の複合技術により開発された同社独自の重心調整技術「MCT(メタル・コンポジット・テクノロジー)」により、カーボンシャフトでは従来難しかったアイアンの番手(4I~PW)ごと重量フローに成功。アイアンセットに重量、バランス、振動数の流れを生み出し、全ての番手を違和感なく、同じ感覚で振ることができるようになるという。

80g台の重量帯を基準とする「MCI 80 BK」(Sフレックス)を例にとると、7番アイアン(37インチ)が78gなのに対し、4番アイアン(38.5インチ)はより軽い72gに設定。番手ごとに重量差を設けることで、同じ振り心地となり、ロングアイアンは振り抜き良く、ショートアイアンではつかまり過ぎを抑える効果が期待できるとしている。これまでのアイアン用カーボンシャフトは番手に関わらず重量が同じだったため、長くなるほど重く感じられ、つかまりにくくなる傾向があった。

ラインアップと硬さは、次の通り。「MCI 80 BK」はRフレックスとSフレックス、「MCI 100 BK」はSフレックスとXフレックス。1本税抜1万円(税込1万800円)。

問い合わせは藤倉ゴム工業、03-3527-8433。