GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

R.ファウラーが来日!コブラの新モデルをアピール

2015/10/13 19:00

90年代を席巻した『KING』ブランドが最先端技術を取り入れて復活

来日イベントでプーマ特注の甲冑を贈呈され 来日イベントでプーマ特注の甲冑を贈呈され、笑顔を見せるリッキー・ファウラー

プーマジャパン株式会社(東京都品川区)は、『KING LTD シリーズ』を11月13日より発売する。『KING』は1990年代に隆盛を極めたブランドで、グレッグ・ノーマンベン・クレンショーら世界のトッププロが愛用。また、タイガー・ウッズがマスターズで初勝利したときに使用したことで知っている方も多いかもしれない。今回、そのDNAを継承するモデルとして、ドライバー、フェアウェイウッド、アイアンがラインアップされ、同社契約プロのリッキー・ファウラーの使用モデルとして注目を浴びる。10月13日にはファウラーが来日してプロモーションが行われ、新しいドライバーの印象をこう語った。

「まだ試打している段階ですが、とてもアメージングな(驚くほど素晴らしい)ドライバーです。寛容性が高く、直進性もあるので飛距離も出ます。ゴルファーの望むものがすべて揃っているんです。近いうちに、試合で使うことになるでしょう」

ドライバーのソールで存在感を光らせる丸型 ドライバーのソールで存在感を光らせる丸型形状の「スペースポート」。クラブ内部が見える構造は世界初めて

その言葉も、単なるリップサービスではなさそうだ。というのも、同社が『KING』ブランドの復活に際して並々ならぬ決意で臨み、3年前からNASAなどと提携。宇宙ステーションでクラブの開発を進めたという。

素材から形状、重心位置などを中心に研究した中で生まれたドライバーやフェアウェイウッドは、「スペースポート」と呼ばれるソール部分に搭載された16gの重量が特徴的。インパクトエネルギーを最大化させる機能面の効果とともに、クラブ内部を覗ける窓のような透明形状が採用されるところも画期的だ。ドライバーはロフトが9~12度(プロモデルは7~10度)、価格は1本7万8000円(プロモデルは1本9万2000円)。フェアウェイウッドは#3-4モデルがロフト13~16度、#4-5モデルがロフト16~19度、価格はいずれも1本4万8000円。

ブラックメタル仕上げが特徴的なKING ブラックメタル仕上げが特徴的なKING FORGED CBアイアン(左)とMBアイアン(右)

アイアンは、ブラックメタル仕上げが特徴的な『KING FORGED MB/CBアイアン』の2機種と、さまざまな素材・製法を組み合わせながら飛距離性能を高めた『KING FORGED TECアイアン』の計3タイプを用意。価格は『KING FORGED MB/CBアイアン』が6本セット(#5~PW)12万円、単品(#3、#4、GW/CBアイアンのみ)は1本2万円。『KING FORGED TECアイアン』が6本セット(#5~PW)13万2000円、単品(#3、#4、GW)は1本2万2000円。

ファウラーは今シーズン、ドイツ銀行選手権やプレーヤーズ選手権など計3勝(ヨーロッパツアーも含む)を挙げ、目標であるPGAツアー優勝を果たした。そして、開幕を控えた新シーズンのターゲットはメジャー制覇に定める。宇宙工学に基づくテクノロジーが凝縮された頼もしい相棒とともに再び有言実行を目指す。

問い合わせはプーマお客様サービスへ、0120-125-150。文中の価格表記は税抜き。