GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

「TourAD」ニューモデルは、ターコイズブルーの『GP』!

2015/09/25 12:00

高剛性にした先端部分が特徴。操作性、コントロール性に優れた粘り系

ターコイズブルーが艶やか。ヘッドとボール ターコイズブルーが艶やか。ヘッドとボールの低スピン傾向に則したテクノロジーを搭載

株式会社グラファイトデザイン(埼玉県秩父市)は10月9日、先端部から中間部の剛性を上げ、グリップ下のしなりを感じられるシャフト『TourAD GP』を発売する。

同シャフトは、先端部を高剛性にすることより、オフセンターヒットにも負けない設計を採用。手元(グリップ内)の剛性を上げることにより振り遅れを防ぎ、グリップ下から中間部にかけてのしなりを感じられるシャフトに仕上がっている。また、シャフトの挙動が安定するため、パワーがダイレクトにボールに伝わる。その結果、初速アップが望め、強弾道で大きな飛距離を実現できる。

同社広報担当の鈴木亮太課長が、『GP』の特徴について説明する。

「昨今、ヘッドとボールは飛距離追求から低スピン傾向にあります。安定したインパクト、安心して強く振れるクラブにすることで、その低スピン性能を存分に活かすことができるというわけです。ですから、『GP』は従来モデルの中で比較しても、かなり先端部分の剛性を高め、かつ長めに設定したモデル。その結果、オフセンターヒットに強く、ヘッドが暴れないため、フェースでボールを押していく感触が得られるシャフトに仕上がっています。操作性、コントロール性にも優れた粘り系シャフトです」

気になるモデル名の由来だが、「GP」は「Great Performer」の略。ラインアップは重量帯別に『GP5』(R2、R1、S)、『GP6』(SR、S、X)、『GP7』(S、X)、『GP8』(S、X)の4機種10タイプを用意。本体価格は1本4万円(税抜き)。

問い合わせはグラファイトデザインへ、0494-62-1170。

記事提供元