GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

エメリージャパン「Ajapa」よりウェッジ専用シャフト『MCT WEDGE』発売

2015/08/24 15:30

ゴルファータイプに合わせた2種類の重量帯をラインアップ

重量帯によってフレックスが異なる。アプロ 重量帯によってフレックスが異なる。アプローチショットに求める要素で選ぶのもいいだろう

株式会社エメリージャパン(沖縄県那覇市)は、シャフトブランド「Ajapa」よりウェッジシャフト『MCT WEDGE』(2万5000円)を数量限定で発売した。

『MCT WEDGE』は、同社が世界初という高弾性4軸カーボンとチタン繊維で織られた単方向プリプレグを組み合わせたウェッジ用カーボンシャフト。同社が「メタルコア技術」と名付けた、カーボンシャフトにチタン繊維を織り込む技術により、高弾性カーボンのプレミアムなフィーリングを損なうことなく、スチールシャフトと同様の強度と剛性をつくることに成功。その挙動はブレのないしなりで、ボールの方向性、スピン性能に長けたショットを可能にする。

ラインアップは105g(±2g)の『MCT WEDGE 105 リミテッド』と120g(±2g)の『MCT WEDGE 120 リミテッド』の異なる特性のシャフトを用意。『105』はSフレックスのみで、リリースが遅れてしまう力強いプレーヤーやフェースをスクエアにボールに当てたいゴルファー向け。一方の『120』はXフレックスのみで、操作性と方向性に安定性を求めるハードヒッターをターゲットにしている。

問い合わせはエメリージャパンへ、098-833-6612。

記事提供元