GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

三菱レイヨンの最新シャフト『KUROKAGE XM』『FUBUKI Ai』

2015/08/05 11:59

ボール、クラブのトレンドにマッチした高弾道機能を追求

『KUROKAGE XM』シリーズはシャ 『KUROKAGE XM』シリーズはシャフト全体がしなる挙動。コスメは黒を基調色としたアスリート仕様

三菱レイヨン株式会社(東京都千代田区)は、10月に『KUROKAGE』『FUBUKI』の最新モデルを順次発売する。ボールの低スピン化、クラブヘッドの浅重心・ストロングロフト化が進み、スコアレベルを問わず、打ち出し角や分厚いインパクトを求める向きが広まっている。そんな悩みを抱えるゴルファーに寄り添うように、球の上がりやすさとつかまりの良さを追求した2機種のシャフトが『KUROKAGE XMシリーズ』と『FUBUKI Aiシリーズ』である。

アスリートゴルファーに高い支持を得る『KUROKAGE』から、10月3日に発売される追加モデルがXMシリーズだ。叩ける元調子系の前モデルXTシリーズと比べると、中間から先端にかけて剛性が抑えられ、球が上がりやすく進化。シャフトの先端部分が走るようになったとはいえ、その部分にはチタンニッケル金属線が複合成型されているため、当たり負けしないインパクト、バックスピン量を抑えた強弾道、心地よい弾き感が味わえる。アスリートを満足させるエッセンスは前モデルから受け継がれている。

ゴルフシャフト部の伊藤成就さんによれば、「XTシリーズがややハードに感じられた方には、今回のモデルは扱いやすいはずです。そして左へのミスにはつながりにくく、アスリート向けの機能を備えていることも変わりません」という。仕様はドライバーのみ。フレックスはアスリート向けのためRはなく、重量帯は60~80g台まで8種類をラインナップ。価格は1本4万円(税抜き)。

『FUBUKI Ai』シリーズは最新技術 『FUBUKI Ai』シリーズは最新技術を取り入れ、やさしさを追求。スムーズなヘッド加速に導く

『KUROKAGE』とは対照的に、よりアベレージゴルファー向けにフィットする『FUBUKI』。そのニューアイコンとしてAiシリーズが10月16日に販売開始。テクノロジーブランドを謳うだけに、前モデルのATシリーズにはなかった最新技術を搭載。ヘッドスピードをスムーズに加速させる剛性設計を採用することで、球がつかまり、上がりやすくなった。「このシリーズは、ドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、アイアンも用意されています。カスタムシャフトはまだ自分には必要ないと感じていた方も、手に取っていただきやすい製品になっています」(前出の伊藤成就さん)。価格はドライバー用1本3万円、フェアウェイ(ユーティリティ)用1本1万8000円、アイアン用1本1万円(いずれも税抜き)。商品の詳細については、同社HP(http://mitsubishirayongolf.com/)にて。

問い合わせは、三菱レイヨンゴルフシャフト部、03-6748-7515まで。