GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

セミグースの『ドルフィン』登場

2015/06/02 13:14

現行ストレートタイプよりFP値を2mm抑える

適度なソールラウンドをつけることで、「ド 適度なソールラウンドをつけることで、「ドルフィンソール」の抜けの良さは継承されている

キャスコは7月4日、現行モデルの性能はそのままに、アプローチの高い安心感を発揮するセミグースタイプの『ドルフィンウェッジ(DW‐115G)』を発売する。

『ドルフィンウェッジ』は、トウ・センター・ヒールでバンス角を変化させ、徹底的に抵抗を少なくする「トリプルバンス設計」を採用し、あらゆるライからでもボールが拾いやすいと評判のアイテム。

同ウェッジは、現行のストレートタイプよりもFP値を2mm抑えセミグースネックにし、グースネックのアイアンを使用中のユーザーでも違和感なく構えられるよう開発された。FP値を2mm抑えても、適度なソールラウンドをつけることで、好評を博している抜けの良い「ドルフィンソール」は引き継いでいるという。

同社は、次のように説明する。

「セミグースネックにも関わらす、テーパーネックにすることで、ネックからフェースへの繋がりがシャープなイメージになりました。また、ストレートタイプより約3%ヘッドを大きくすることで、より構えたときの安心感をもたせました」

さらに、スピン性能を最大にするフェース処理「ファインループミーリング」をフェース面トウ先端まで行うことで、フェース面上の平滑度をアップ。加えて、スコアラインの長さを従来品より2mm長くすることでフェース面打撃部が拡大したイメージを演出し、構えたときの安心感に一役買っている。

ロフトは、44度、48度、50度、52度、56度、58度、60度の7タイプという充実のラインアップ。この7タイプそれぞれに、N.S.PRO950H(同仕様モデル本体価格1万8000円)、オリジナルカーボン(同2万2000円)、レディスカーボン装着モデル(同2万2000円)を用意している。老若男女問わず、あらゆるゴルファーにマッチする人気の商材になりそうだ。なお、ロフト44度・レディスカーボンシャフトモデルは9月5日発売予定。

問い合わせはキャスコ(お客様相談ダイヤル)、0120-371-562。

記事提供元