GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

アルディラ、日本市場向け新シャフトを発売

2015/05/27 11:42

クセがない振り心地のウッド用カーボンシャフト

グリーンやピンクのカラーリングが鮮やか。 グリーンやピンクのカラーリングが鮮やか。機能性と美しさを兼備

アルディラは先頃、日本市場向けのウッド用カーボンシャフト『NV-JV』(価格:3万円)を発売した。

アルディラ社は、1972年にカーボン成型物の研究・開発会社として創業。2013年4月より三菱レイヨンの傘下となり、世界に向けてシャフトを販売している。このたび発売となった新製品の『NV-JV』は、三菱レイヨンの技術とのコラボレーションで誕生したモデルだ。

「“アメリカのシャフトはハードで心地よいしなりに欠ける”といったイメージを一新するべく、当社の設計技術・品質管理を投入し、日本やアジアのプレーヤーに合わせてチューンアップする『M-TUNE』プロジェクトを始動しました」(三菱レイヨン)

『NV-JV』の特徴は、滑らかなテーパー形状と「MLT設計」がもたらす素直なシャフト挙動で人気の『NV』を、よりしなやかに、やさしく進化させたシャフト。また、クセのない振り心地はそのままに、バット部を高弾性材で補強。シャフト先端部に走り感をもたらしたことで、高弾道のビッグキャリーを生み出す。

ちなみに『NV』とは、欧米では嫉妬(エンヴィー)の感情を「緑の目の怪物」と表現し、シェイクスピアが「オセロ」や「ヴェニスの商人」で用いたのがその起源といわれているとか。同製品は、その「緑の目の怪物」をモチーフに、立体的に見える印象的なデザイン意匠を採用。

重量帯は50~70g台、フレックスはL~X。カラーはグリーン、ピンクでの展開となる。

問い合わせは三菱レイヨンへ、(03-6748-7606)。

記事提供元